FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

監獄戦艦Vol.3好評発売中

Pixy大人気シリーズ「監獄戦艦」最新作が発売!

PIXY SPECIAL』第3弾!!
闇のアヘ調教帝王むらかみてるあき監督作品『監獄戦艦』第3巻が鬼畜舞台へ登壇!!
ひとつのエンディングを迎えるリエリとナオミの運命は!?

詳しい情報は以下から
18歳未満閲覧禁止
「監獄戦艦Vol.03~破壊完了~」
価格:4,410円(税込)
発売日:5月28日
監獄戦艦_Vol03_パッケージ用画像


・『PIXY SPECIAL』第3弾!! 闇のアヘ調教帝王むらかみてるあき監督作品『監獄戦艦』第3巻が鬼畜舞台へ登壇!! 洗脳90%完了! ひとつのエンディングを迎えるリエリとナオミの運命は!?
・次世代汁表現ザー汁1.5システムで描かれる汁エロス表現はそのままに、強制フェラ&ザーメンを特に濃厚に描写。夫と強制通信中での慰安任務で中出しアクメするリエリにも注目!
・ついに洗脳90%完了! 歩くだけでアクメ寸前となった気高き女仕官リエリとナオミを前にして主人公ドニ・ボーガンは破壊完了を確信する。一方、部下の報告から彼女たちの部屋より微弱電波の発信を探知するが……ひとつの結末をむかえるクライマックス第3話!


ストーリー
人類が宇宙へと広がりはじめた時代。
太陽系内には数々の地球化(テラフォーミング)された惑星が現れ、人類の版図は太陽系全域へ広がっていた。
やがて地球を故郷としない宇宙人類と呼ばれる人々の人口が増大、それまでの地球中心主義を是正するため、各植民星の主権を認めた宇宙連邦政府が発足する。
こうして平和的に人類の再統合がなされてきた10数年、その様な努力とはウラハラに、かつての権益に執着する旧人類(地球生まれの市民)とそれを打破しようとする宇宙人類(宇宙コロニーや植民星生まれの人類)の対立は根深く、宇宙連邦内は政治家や軍隊・警察機構を含め、旧人類中心の「ネオ・テラーズ」と宇宙コロニーや植民星中心の「ニュー・ソラル」という二つの政治グループに分かれ一触即発の状況となっていた。

主人公、ドニ・ボーガンは宇宙連邦軍の少佐であり、要人移送用の戦艦ジャサント号の艦長。主人公はいつもの様に任務を受け、その説明のために、各セクションの幹部たちとジャサント号の作戦室にいた。

「今回は裏の任務だ」

主人公がそう告げると部下たちは口笛を吹き、色めき立つ。
実は主人公とジャサント号の乗員たちには裏の顔があった。それはネオ・テラーズに属する特殊部隊という顔で、ニュー・ソラル派の重要人物の暗殺や誘拐を得意任務としていた。

「ジーク・テラーズ!!」

地球出身の若者によく見られる偏狭な愛国心が燃え上がる。今やニュー・ソラルは彼らにとって地球を脅かす憎い敵となっていた。

「少佐! 任務はなんでありますか!」
「ニュー・ソラルのクソどもを暗殺するのさ! そうでしょう? 少佐!」
「そりゃいい!」「男は殺せ! 女は犯して孕ませろ!」
「ターゲットは、ニュー・ソラル派の新進気鋭の才女、リエリ・ビショップ中佐と
 その副官ナオミ・エヴァンス少佐だ。美しい女仕官様だ。諸君」
「ビショップ中佐!? 確かニュー・ソラル派の名将の娘で、自身は
ニュー・ソラルの次世代リーダーとか言われている女将校ですな」
「テレビでよく見るすかしたクソ女だ!」「おお! 見たことあるぞ!!」
「あの副官は、俺たち地球人類を腐った老廃物って言ってやがった!!」
「地球の恩を忘れたニュー・ソラルのメス豚め!」

盛り上がる部下たちを宥め、主人公は作戦の詳細を説明する。
二人は軍憲兵捜査部に所属する上級捜査官で、ネオ・テラーズ派の大物政治家が地球復権のために行っている非合法活動の証拠をつきとめ、1週間後に地球で開かれる連邦政府会議で告発を予定しているというのだ。事が成されれば、ネオ・テラーズ派は窮地に陥り、ニュー・ソラル派のさらなる台頭を許すことになるだろう。

「そこで俺達の出番だ。
明日、惑星タイタンに寄り、二人を乗せ地球へ向かう。
この艦の設備を使い、目一杯歓迎する予定だ」
「設備……!? すると艦長…………!?」
「そうだ。移送中に二人を洗脳する」

ターゲットへの洗脳任務は、主人公たちがもっとも得意とする特殊任務だった。
ネオ・テラーズが発明したといっても過言ではない洗脳のノウハウは、体系だった学問の研究のように密かにその技術情報が蓄積されおり、これまでにも数多くの人物を洗脳して自分たちにとって都合の良い人物に作り変えてきたのだ。
会議が終わり、幹部仕官は各部署へ戻っていく。
そうして誰もいなくなった作戦室で主人公は資料を広げ呟く。

「ニュー・ソラル最高のコンビであり、愛し合う実の姉妹のようか……」
「お前たちを地獄に堕とすために俺はジャサント号の艦長になった……」

そう言って冷笑する主人公。
主人公と彼女たちには少なからぬ縁があった。
それは深く刻まれた屈辱の思い出、いつかあの日の復讐を果たすために主人公は顔まで整形して今の地位を手に入れていたのだ。全ては闇の思い出とともに。

「さあ、どうつくり変えるか……リエリ・ビショップ、ナオミ・エヴァンス。
 お前たちのために特別プランをずっと考えてきた……!」

ジャサント号は惑星タイタンに進路を向け、静かにその巨体を宇宙に泳がせはじめた。


監獄戦艦1監獄戦艦2監獄戦艦3監獄戦艦4監獄戦艦5監獄戦艦6

(C)Pixy/Lilith
ABOUT

たちばな書店

Author:たちばな書店
同人担当者たちがオススメ商品の紹介やその日に起こった出来事などを愉快にお送りします!

Twitterはじめました!
サークル様へ
ARCHIVE
LINK
SEARCH
QR
QRコード
リンクについて
当サイトはリンクフリーです。
バナーが必要な場合はこちらをお使いください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。